もちのすけ帳

あやの帖

育休中主婦のあれこれ。夫を実験中

いってらっしゃい実験3日目〜お金をあげてみた〜

夫が在宅などで仕事に行かない日は送り出すことがないので実験ができず、少し日にちがあいてしまった。

 


2回の実験で夫の良いところも実感できたので、今週も何か良い発見があると嬉しい。

 


今日は、試してみたかった【お金をあげる】にトライしてみた。

夫は急にお金を渡されたらどんな反応をするのか。

 

怪しんで怪訝な反応をする可能性が高い気がするけれども、もしかしたら少し喜ぶなど私の知らない一面があるのかもしれない。

 


内容自体が結構不自然なので、実験を疑われるようなことがあったらと思うと不安だけれども仕方ない。

明日以降調整していこうと思う。

 


イメージとしては、ポケットに500円玉を忍ばせておき、夫が出かける時に「これ。」といって手に握らせる。あえて何も理由は言わずにお金だけ渡すとどうなるかを試してみる。

 


予想では

なにこれ?とまず聞かれるはず。

 


その上で、

①なんだかわかんないけど500円玉貯金箱に入れといて

②なんだかわかんないけど、、と言ってとりあえずポケットにしまう

 

このあたりが考えられる。

 


夫は結婚してすぐに500円玉貯金をはじめた。

おつりを500円玉でもらえるように工夫するだけでは足りずに、わざわざ千円を500円玉2枚に両替したりする。

だったらその千円を口座に貯金したら良いような気がするけれども、貯金箱が重くなるのが楽しいのだと思う。その気持ちはわかる。

その甲斐あってまあまあ大きめの貯金箱に半分くらいは貯まってきた。

私は小学生の頃、SPEEDのライブでグッズを買うために貯金箱の穴に紙を刺してお金を引き出したりしていたので、ここまで続けた夫はマメな男だと思う。これも改めてではあるけども、一つ発見。

 


実験結果としては、やはりかなり怪しんでいた。


なにこれ?と4、5回聞かれた。

 

その上で予想通り、

①なんだかわかんないけど500円玉貯金箱に入れといて

と言われた。

 

ただその前に言われた言葉がやや許せない。

 

 

夫「あ、車のサイドポケットから盗んだでしょ?!最近めちゃくちゃ減ってるって思ってたよ!」

 

 

 

 

 

 


盗んでない。

 

 

 

 

 

 


過去に使ったことはあったけれども使ったよ、とちゃんと伝えた。


夫はお札しか入らない財布を使っているため、おつりの小銭を車のポケットに入れる習慣がある。


もちろん私もそれは知っていて、過去に財布を忘れてどうしても限定コーヒー豆が二袋買いたかった時は500円玉3枚を借りたことはあった。


でもその後素直に報告した。まあ返していないけれども、ちゃんと使った内容も、財布を忘れたことも話した。


夫はその時、あれ500円玉貯金しようと思ってとっといたやつだよ。と言ってきたのでそれはごめんねと謝りもした。まあ返してはいないけれども。


500円で喜ぶ人間ではないとは思っていたけれども、まさか盗みを疑うようなことを言われるとは予想していなかった。

簡単に人を疑う一面があるという嫌な新発見をしてしまった。


ただ私が500円玉貯金をしている人間から500円玉を借りて返さないやつだということも改めて気付いてしまったので、この嫌な気持ちはおあいこだということで目を瞑りたいと思う。

 


モヤモヤが残ったけれども、夫のことがまた少しだけわかった。

明日からは良いところが知りたい。

少しずるい気もするけれども、なにか良い一面を見られそうな実験がないか考えてみようと思う。

 

 

 

追記

 


以前夫の布団がカビたことを書いた。

 

布団は数日間ベランダに干しっぱなしにされた後、夫によりハサミで半分に切断されて可燃ゴミに捨てられた。

 

夫はハサミにカビがついたことを気にしつつ、布団がきれいに切れて得意そうだった。

 

どうやらその後湯シャンは辞めた様子。

カビがショックだったのかもしれない。


今はベッドで息子と3人で寝ているけれども、やはり夫のイビキがすごい。

 

マックス大音量の時は息子も若干起きてしまって少しだけ泣く場合もある。

 

夫はその都度起きて「大丈夫だよ、パパいるよ」と言うのだけれども、パパがいるから泣いている。

 

それには気付いていなさそうだけれども、今別部屋に敷ける布団はないし、言っても仕方ないのでとりあえず黙っている。